オフショアとは?

資産運用のことを調べていると必ず

でてくるのがオフショア。

 

なんとなくはわかるけど具体的には知らない

という人も多いのではないでしょうか?

今回はオフショアについて

簡単に解説させていただきます。

 

[su_heading]オフショアとは?[/su_heading]

 

原義では、

Off(離れた)」「Shore(沖)」

沖合を意味することから

国から遠く離れた地域(海外)を指しますが

 

金融の世界では、

非居住者(外国人)に対して租税環境を優遇している

国・地域を指す意味としてオフショアは使われています。

 

歴史的背景から、

オフショアは外国の投資家や企業の資産管理を

積極的に受け入れてきました。

 

そのため、

金融面・税制面に対する合法的優遇措置をもつ

特別金融特区が発展しています。

 

特別金融特区では、

投資や事業の利益への税金がかからない(少ししかかからない)

などのメリットが多くあることから通称タックスヘイブン(租税回避地)

とも呼ばれています。

  

[su_heading]オフショアはどこにあるの?[/su_heading]

 

香港

シンガポール

マレーシア領ラブアン島

イギリスのマン島

カリブ海のケイマン諸島

スイス

 など、

世界中に40カ所以上ありその多くは元イギリス領です。

独自の金融センターと先進国並みの法制度を備え

政治・経済共に安定している地域が一般的です。

 

[su_heading]オフショアの活用[/su_heading]

 

オフショアは金融が発展していることから

世界中の企業や資産家が活用しています。

 

・プライバシー保護

・財産保全

・節税

・安全性と安定性

・優秀な運用アドバイザーが集まる

・競争力のある金融商品が充実

などの理由から

オフショアは資産運用の活用に最適だといえます。

 

[su_heading]まとめ[/su_heading]

 

世界中にはたくさんの金融商品が存在しています。

しかし日本で販売されているのは日本の金融庁から許可を受けた

一部の商品だけです。

 

オフショアを活用することで、

世界中の金融商品にアクセスし幅広い国際分散投資が

可能になることは大きなメリットとなるでしょう。

 

一方で、

オフショアに関する正確な情報を入手することは

非常に困難であることからトラブルになるケースが少なくありません。

 

契約時の居住地によっても情報は大きく異なってくるなど

金融機関によっても様々です。

 

オフショアを活用した資産運用を検討する際には、

海外在住日本人の資産運用サポートを専門とする弊社へ

ご相談ください。